書評

【書評】会う気ないくせに『会いたかった』なんて言わないで…みなみちゃんがすごい!

忘れられない恋、大好きで辛いあなたへ!
元カレのことが忘れられず、悩みをTwitterで投稿し、女性からたくさんの共感を集めている「みなみちゃん」が初の本を出版。
会う気ないくせに『会いたかった』なんて言わないで」の中身と名言を紹介します!

恋に悩むすべての女性へのメッセージ


会う気ないくせに『会いたかった』なんて言わないで」は、みなみちゃんから恋に悩むすべての女性へのメッセージがたくさん詰まっています。

 

まず、この本のタイトル『会う気ないくせに「会いたかった」なんて言わないで』という印象深い言葉。

電話では「会いたい」と言うくせに一向に連絡がないとか、次ぎに会う約束がなかなか決まらないとき、ああ、この人はホントは私に興味がないんだ…」と落ち込みます。

みなみちゃんは、「大事なときに連絡が返ってこない男が一番嫌」と言います。

ずっと来ない連絡を待ち続けることって、、、待つ時間ってすごく長く感じますよね。

好きだから待ちたい、待つのは辛い、、そんな時どうしたらいいのでしょう。

そんな悩みに答えるみなみちゃんの書籍は、多くの女性は共感できるエッセンスがたくさん詰まっています。

みなみちゃんとは?

みなみちゃんは、歌舞伎町でキャバ嬢として働いている女性です。

元カレのことが忘れられず、その悩みをTwitterにあげたことから一躍有名になりました。

フォロワー数は25万人以上、恋愛にまつわる内容が多くの人の共感を集めています。

『会う気ないくせに「会いたかった」なんて言わないで』は、みなみちゃんが出版した初めての書籍です。

スポンサーリンク

『会う気ないくせに「会いたかった」なんて言わないで』目次

もくじはこちらです。

第1章/この人にならだまされてもいいと思って恋愛してきた

第2章/付き合うって、お互いが不安にさせない努力しないと成立しなくない?

第3章/辛い過去が多い人ほど人を思いやれるはマジ

引用:会う気ないくせに「会いたかった」なんて言わないで 目次より

章の題名から、真実を突くような言葉が並んでいて、心がぐっと痛むような、ああ、みなみちゃんみたいに思えたらよかったな、と過去の後悔や思いを思い出させるような内容です。

彼女の言葉は、とても強いです。強い言葉の背景にはたくさんの悲しい思いも伺えます。たくさんの経験を素直に言葉にしているので、心に刺さるのだと思いました。

本書は、みなみちゃんの名言であふれています。

特に印象的だったフレーズをご紹介します。

スポンサーリンク

みなみちゃんの名言

「女は男が思ってる以上に『この人に自分は必要とされてるか』を考える生き物です」

役に立つか立たないかはともかくとして、女性は自分が必要とされていることが重要で、彼氏に相談されたいんですよね。

なんでも自分で決めて彼女に相談しないタイプの男性はとても寂しいものです。

「こんだけ生きてきたのに誰も自分のこと一番に想ってくれる人いないの?って笑えてくることある」

何度恋をしても、自分のことを一番に想ってもらえなかったときの悲しみ、絶望は大きいです。

誰にも愛されないんじゃ、、そんな風に誰もが一度は思うときがあると思います。

素直な言葉に、わたしだけじゃなかったと安心して嬉しくなる言葉です。

「彼氏でもないのに彼氏ヅラして『他の男と会うな』だの『連絡とるな』だのゴチャゴチャ言ってくる男、黙れよ」

こういう勘違いの男性に一番ストレスがたまりますね。

ストレートに言うみなみちゃんが素敵です!

「おろしたての服を着る時、好きな男に会いたいし、ほめられたいのが女です」

たいていの男は彼女が新しい洋服着てても、気づかないんですよね。

女性の微妙な変化に気づいてくれると、すごく嬉しいのです!

「私だったら彼氏が学生時代の元カノを『地元の女友達』って呼んでたらキレちゃうな」

これは、自分もいつか『地元の女友達』と呼ばれてしまう予想ができるから、キレちゃうんでしょうね。

優しい嘘かもしれませんが、嘘をつかれるより真実を伝えてくれた方が安心するものです。

「女は男が思ってるより約束覚えてるし、不意に言った一言根に持ってるよ。油断するな絶対忘れるな」

女性は、男がした約束をしっかり覚えているものです。

男性が忘れがちなちょっとした約束を覚えていて、きちんと実行してくれる男に女性は弱いのです。

「女はお金を出してくれる男に惹かれるところが少なからずあります。お金も愛情表現だもん」

好きな女には、金をかけたくなるものです。

だからといって、高価な物を買ってもらえるからうれしいわけじゃないんですよね。

金額は関係ありません。愛情を感じられるものを少し見せてもらうことが嬉しいのです。

「女は本気で好きな男ができると、そいつの過去にも嫉妬します」

彼氏がした何気ない過去の話を聞いて、嫉妬で落ち込む女性がいます。

彼の過去は仕方ないですが、もっと早く会えればよかったと思いますよね。

物分かりの良い女性になると「仕方ない」と嫉妬も忘れようとしてしまうものですが、一度くらい「あなたの過去に悲しくなる、私も一緒に居たかった」と伝えたら、彼も嬉しく思うのかもしれませんね!

そんな勇気が湧きてきます。

さいごに

みなみちゃんの本『会う気ないくせに「会いたかった」なんて言わないで』は、恋愛に悩む女性に、ちょっと行き詰まったり、悩んだりしたときにぜひ開いてほしいなと思う本でした。

紹介した名言以外にも、心にぐっとくるメッセージがたくさんあります。

みなみちゃんのSNSの「大切な人を忘れられない系アカウント」には、女性からの書き込みが多いということからもわかる通り、女性の気持ちを代弁するような言葉に、元気をもらえておすすめです!

▼彼が大好きなのに辛い・・・すれ違いを解消するヒントを紹介!

彼が大好きなのに辛い…すれ違いはどうして起こるのか?解決方法大好きなのになぜかうまくいかない…恋愛におけるすれ違いは、男女の意識の違いによって起きていること多いものです。男女は恋愛やパートナーに対して、考え方が違うのでそれを認識した上で、いつまでも仲の良い関係を継続しましょう! ...

▼何も手につかない…彼との辛い別れを忘れる3つの方法

何も手につかない…彼との辛い別れを忘れる3つの方法あんなに大好きだった彼と別れることになってしまった。納得して話し合いを進めたのに、考えてしまうのは彼のことばかり。悩み抜いて結論を出したはずなのに、いざ別れると本当にこの決断でよかったか悩むこともあると思います。その恋愛をしっかり分析してみましょう! ...

▼恋つづの上白石萌音みたいになりたい!愛される4つの理由を紹介!

恋つづの上白石萌音みたいになりたい!萌音ちゃんがモテる4つの理由上白石萌音さんは、ものすごく性格がいい、気遣いがすごいとSNSでも話題!上白石萌音さんのモテる要素を4つ紹介します。ドラマ「恋つづ」の七瀬ちゃんのように「愛される女性」には、共通点があります。...

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

juri
juri
離婚・再婚の経験をもとに、夫婦関係やセックスレス、浮気に悩む方向けに、愛され幸せになるヒントとなる記事を発信しています。

夫婦関係カウンセリングを始めました。
一人で悩みを抱えず、解決する道しるべを一緒に考えていきましょう!以下申込ボタンよりメッセージをお待ちしています!

申込はこちら

スポンサーリンク