浮気と思ったら

【自分でできる!不倫証拠の集め方】裁判で有利になる5つの収集方法

不倫の証拠集め、すべてに探偵が必要とは限りません。探偵は費用もかかります。自分でできることは自分でしてみましょう!自分でできて、裁判で有利になる不倫の証拠集めの方法を5つ紹介します。

前回は、浮気と思ったら、あせらないこと、問い詰めないことと証拠集めが重要な点を紹介しました。前回記事はこちらを参照ください!

浮気と思ったら、あせらないこと!賢い妻が徹底している2つの行動浮気をしているのではないか…?信頼していたパートナーを疑うことは辛いことです。しかし、ここで問い詰めたり、焦って行動してはいけません!賢い妻の行動が徹底している2つの行動を紹介します。...

なぜ証拠集めが重要なのか?

まず、不倫は夫婦関係の上で「不貞行為」にあたり民法で離婚事由にあたります。

不倫をきっかけに夫婦関係の修復が難しかった場合、離婚協議が必要になりますが、そのときに離婚事由において「不貞行為」が認められるか認められないかによって、慰謝料やその他条件に影響を及ぼします。

浮気は大変な裏切り行為です。その裏切りを認められずに離婚をしては、あなた自身が被害者のまま終わってしまうことになります。
泣き寝入りはいけません。自分の身を守るのは「証拠」なのです。

また、離婚は絶対したくないという方へも「証拠集め」はオススメします。

なぜかというと、あなた自身が「離婚はしない」と思っていても、パートナーから離婚を切り出される可能性があるからです。

そのときに言い返す材料がなければ、相手の言いなりに離婚協議が進んでしまい、悲しい思いをするのはあなた自身になるからです。

証拠集めに必要な心得

証拠を集めよう!と心に決めたら絶対に守ってほしいことは、「問い詰めない」ことです。

証拠集めの過程で、パートナーの見えなかった部分も見えてくるでしょう。
失望したり、これまでの愛の言葉や生活、すべてを裏切られたような気持ちになると思います。

行き場のない怒りと悲しみは、パートナー自身に向かってしまうものですが、ここで問い詰めてしまったら証拠を巧妙に隠されてしまうことになり、証拠が集まりにくくなってしまいます。

なお、復縁をしたいと考えていたらなおさら問い詰める行為は逆効果になります。
復縁をしたいと思っている方は証拠集めと平行して、こちらも参考にしてください。

絶対復縁したいあなたへ|不倫中のパートナーの気持ちを取り戻す3つの方法パートナーが浮気をしている…浮気をするということは、心が離れてしまっていることが伺えます。気持ちを取り戻すには、あなた自身の行動がとても重要!気持ちを取り戻すための3つの方法を紹介します。...
スポンサーリンク

自分でできる証拠集め5つの方法

では、自分でできる証拠集めの方法を紹介します。

1、外出時間のメモをとる

必ずやっておいてほしいことが、外出時間のメモをとることです。
平日の帰宅時間、休日の外出時間です。そのときに、なんと言う理由で外出したかを控えましょう。

2、レシートをチェックする

次に帰宅後にチェックしたいのはお財布です。
残っているレシートを撮影して残しておきましょう。

これが何の証拠になるかというと、外出の理由と実際の行動の矛盾を見つけることができます。
また、食事のレシートは注文している内容から、およそ何人と一緒にいたのかがわかります。
それと、メニューの内容にスイーツなど男性同士では注文しなそうなメニューが入っていることで、女性の存在を伺うことができます。

レシート単体だけで不倫を立証することは難しいですが、他の証拠と合わせることで事実が深まる可能性があります。
できる限り記録をしていきましょう。

スポンサーリンク

3、手帳をチェックする

レシートと同様にチェックをしたいのが手帳です。

手書きの手帳を携帯している場合、証拠の宝庫になります。
仕事と言っていた場所が空欄になっていたり、逆に予定に不倫相手との行動をメモしている場合があります。

それと出張と言っていたのに手帳に記述がない場合、嘘である可能性が高いです。
電車や航空券のチケットが手帳に入っている場合も、行動に関する証拠になりますので、できる限り写真で撮影し記録をしておきましょう。

4、SNSをチェックする

みなさん何かしらSNSのサービスを利用していると思います。
SNSがきっかけとなり、浮気がわかるケースが多く見られます。
例えば、投稿された写真の場所や日時、タグ付けされた人物からどこで何をしていたのか知ることができます。

加えてチェックしたいのは、「友達」です。友達の中に浮気相手がいる可能性があります。
パートナーの投稿に対して欠かさず「いいね」をしているような女性がいる場合、一人ずつその人物をチェックしましょう。
その女性の投稿に、夫の投稿と似たような写真が出てきたらその女性にしぼってリサーチをすることができます。

SNSも同様に証拠として、画面を撮影するか、スクリーンショットを撮り記録をしましょう。

5、ICレコーダーを活用する

最後に活用していただきたいのは、ICレコーダーを使った音声の記録です。

普段車を使っているパートナーであれば車に設置してみましょう。
車は密室空間なので、油断をしている可能性が高く、浮気相手との電話をキャッチできるかもしれません。
さらに、車に浮気相手を同乗しているのであれば、会話の一部始終を記録することができます。

今のICレコーダーは、とても長時間記録することができますので、何日か記録をとることもできますし、周りの音が発生したときのみ記録する機能もあるので、ぜひ活用ください。

車を使用していないパートナーは、自室にいる時間に会話をしている可能性がありますので、ICレコーダーを設置してみましょう。

スポンサーリンク

さらに裁判で有効になる証拠は?

ここまで自分で手軽にできる証拠集めを紹介しました。
さらに、一番有効な証拠は2人で過ごしていることが分かる写真を撮影することです。
ホテルに入った姿などは、さらに決定的な証拠となります。
このような写真の撮影は、尾行をする必要があります。浮気相手と会う日や場所分かれば撮影のチャンスが広がります。
先ほど挙げたようなレシート・手帳・SNS・音声の記録がヒントになります。

自分では難しい場合、探偵を活用して撮影も可能です。
探偵に依頼する際、何日も尾行を依頼しては、コストがかかってしまいます。
(金額差はありますが尾行と撮影1日あたり最低でも10万円程度かかると言われています。)
ここをコストダウンするためには、浮気相手と会う日を特定できれば1日で済みますので、諦めずに証拠集めを続けてみましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

juri
juri
離婚・再婚の経験をもとに、夫婦関係やセックスレス、浮気に悩む方向けに、愛され幸せになるヒントとなる記事を発信しています。

夫婦関係カウンセリングを始めました。
一人で悩みを抱えず、解決する道しるべを一緒に考えていきましょう!以下申込ボタンよりメッセージをお待ちしています!

申込はこちら

スポンサーリンク