モテる女性

なぜかモテない人必見!愛される女性が続ける4つの習慣

モテない女性と愛される女性の違いは習慣にありました!愛される女性がしている4つの習慣を紹介します!美人だし可愛いのにモテない人、いませんか?愛される女性と愛されない女性の違いはどこで生まれてしまうのでしょうか?

愛される女性の習慣1:「すみません」より「ありがとう」

駅で落し物をしました。
すると、親切な方が「落としましたよ」と拾ってくれました。
このときあなたは、なんと言いますか?

愛される女性は、感謝の気持ちを込めて「ありがとうございます」と言います。
誰かになにかをしてもらったとき、謙虚な気持ちから「すみません」と言葉にしてしまう方が多いのではないでしょうか?
「すみません」の一言で、”余計なことをしたかな…”というなんとも微妙な空気になってしまいます。
本当に嬉しそうに感謝の気持ちをすぐに言える、そんな女性は嬉しい気持ちを与えることができる愛される女性です。
今日から「ありがとう」の習慣を始めてみましょう!

スポンサーリンク

愛される女性の習慣2:「よく喋る女性」より「嬉しそうな女性」

一緒にいると楽しくて、場が華やかになる女性、飲み会にひっぱりだこの女性。
このような女性は、おしゃべりも上手で、空気も読めて、明るくて、男女問わずとても人気があるでしょう。
しかし、愛される女性・彼女にしたいと思う女性は真逆の女性なのです。
男性は女性に楽しませてもらうのではなく、楽しませたいと思うものです。
楽しい女性は、友達になってしまう危険がいっぱいです。

男性は、女性をリードしたい、守りたいという気持ちを本能的に持っています。
そして、笑ってくれる女性に安心感を抱きます。男性の話に真剣に耳を傾けたり、ニコニコしている女性は、守ってあげたい対象になることができます。

スポンサーリンク

愛される女性の習慣3:自分時間を持っている女性

自分の時間を持って、自立している女性はモテます。
一方、依存的でつねに誰かと一緒にいないと寂しいと思う女性は、長く付き合う上でめんどくさい女性になりがちです。

2つ例をあげます。
飲み会に行く時に、いつも10時前に帰ってしまう女性がいました。
男性陣はその女性が帰ると言うと、もうちょっと飲もうと言います。しかし、女性は「家でやりたいことがあるのです」と自分のペースで帰ってしまいます。
またこんな女性もいました。集まりに誘うと、5回中4回は断られ、たまに参加してくれる女性がいました。その女性がくると、男性陣が嬉しそうに彼女の隣をうばいあっています。

この2人の女性には共通点があります。自分の時間を自分でコントロールしている点です。
一見、マイペースで嫌われそうと思うかもしれませんが、男性は女性に対して、付き合いの悪さを気にすることはありません。
むしろ、付き合いのいい女性の方が心配になり、ネガティブな印象を与えます。
終電まで飲み歩いている女性に比べて、ずっと健康的だし上品で気になる存在になることができます。

女性の美しさ、モテる雰囲気は、見えない時間に育まれるものです。
それは、自分の時間を持つことによる気持ちの穏やかさやゆとりによる、神秘的な雰囲気につながります。
付き合いで忙殺されるのではなく、好きな映画を観に行ったり、お買い物をしたり、本を心ゆくまで読んだり、好きなものに囲まれる時間で、充実した一人の時間を過ごしてみましょう。

スポンサーリンク

愛される女性の習慣4:おうちご飯で和食レッスン

女性の美しさや肌のツヤというのは、外食が続くと維持するのが難しいものです。外食で、バランスのよい食事をとることはなかなか難しいからです。
おうちでごはんを楽しめる女性は、自然と体もナチュラルに健康になることができます。
特に和食は、低糖質高たんぱくでヘルシーな食事をとることができるので、おすすめです。
和食は難しくありません。ごはんを炊いて、お魚を焼いて、お味噌汁をつくって、お野菜を茹でて出汁醤油でいただくだけで立派な和食です。
そして、和食がさっと出せる女性は、確実にモテます。
女子力や可愛さでいうと洋食では?と思うかもしれませんが、男性は食事で可愛いは求めていません。それよりも、食事からも安心感を与えてくれた女性を忘れることはないでしょう。
美容と健康、そして彼に振る舞うためにも、おうちごはんで和食のレッスンをしてみましょう!

このように、日々の少し習慣で、愛される女性は作られているものです。今日から取り入れてみましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

juri
juri
離婚・再婚の経験をもとに、夫婦関係やセックスレス、浮気に悩む方向けに、愛され幸せになるヒントとなる記事を発信しています。

夫婦関係カウンセリングを始めました。
一人で悩みを抱えず、解決する道しるべを一緒に考えていきましょう!以下申込ボタンよりメッセージをお待ちしています!

申込はこちら

スポンサーリンク